幼児教育のあれこれ

海外で支持を得ているカリキュラムで安心!幼児教育のススメ

早くから教育を始める事の重要性

幼児の教育は、学校や塾の勉強とは違って、教室に入れさえすれば自発的にできるようになる訳ではありません。 日々の家庭でのサポートも必要になってきますし、むしろそちらの方が重要です。 あきやすい子供に続けさせるには、遊びの中で親も子供も負担なく楽しくできると良いですね。

幼児教育をはじめよう

待望のベビーの誕生にホッとしたのもつかの間、親としては子供が将来不自由ない生活をするためにできる限りのことをしてあげたいと思いませんか?

お金で本人が望む物を買ってあげることも時には良いでしょう。
しかし、それ以上に、質の良い教育を受けさせる事は、形に残らなくても子供に一生の宝を授けてあげることができます。

ご存知でしたか?
人間の脳は0歳から6歳までの時期が一番成長すると言われており、この期間に脳の約80パーセントが完成されると言われているんですよ。
この時期に、五感を通じて脳に良い刺激を与えることができます。
また、体を動かして様々な体験をすることにより運動能力を向上させることもできます。


鉄は熱いうちに打て、という訳ではありませんが、教育に関しても、早い段階で脳に良い刺激を与えることで、それ以降の年齢における発達がよりスムーズになると考えられているんです。

今までの研究で、6歳までに必要な刺激を得られなかった子供は、それ以降の年齢において同じ教育を施しても6歳以前にに教育を受けるほどの効果は期待できないと言われています。
また、同じ効果を得るためには、より沢山の刺激や努力が必要になると言われています。

言葉でのコミュニケーションもままならない子供に色々な教育を受けさせるのは躊躇するかもしれません。
しかし、同じ費用を払うなら、生まれてから6歳までに教育を受けさせるほうが、6歳以降と比べて教育のコストパフォーマンスが良いと言われているんですよ。

ただ、気をつけて欲しいのは子供に無理強いしない事です。
発達には個人差がありますので、何でもかんでも早くから始めれば良いとは限りません。
本人が興味を持って楽しくできるかどうかを見極めて、子供に合った教育を適切なタイミングで与えることが大事です。

おすすめリンク

発達に応じて教育を施す

大人は子供の成長の様子を観察して、体の発育だけでなく内面の発育の状態を見極めながらその時期に合わせた教育をする必要があります。 幼児教育の中には、ある年齢ごとに発育の段階を区切って、その年齢に合わせたプログラムを行い、数年かけて完結する教育法があります。

天才児は作り出せる!

テレビで天才キッズが出ていると、どうしたらあんな子供に育つんだろう?と思うことはありませんか? 生まれつき特別な才能を持って生まれてくる子供もいますが、天才脳は親の努力で作り出す事も可能なんです。 脳には普段使われてない領域が沢山あり、その部分に刺激を与える事で能力が開花する事もあるんですよ。