幼児教育のあれこれ

海外で支持を得ているカリキュラムで安心!幼児教育のススメ

早くから教育を始める事の重要性

教育に熱心な家庭は始めている!幼児教育

幼児教育とは、0歳から6歳までの間に受ける教育のことで、その子供が持つ能力と可能性を引き出すための教育のことを言います。

机に座って勉強するのではなく、その年齢に合わせた遊びや友達との関わりの中から色々な体験と発見を重ねていくというのが幼児教育の特徴です。
もちろん、家庭でのしつけも幼児教育の一部とみなし、まずは家庭で親が子供をしつけるというのは大前提となっています。

「3つ子の魂100まで」ということわざがありますが、まさに、幼児期にどのような教育を受けたか、親がどのような関わり方をしたかによって、その後の子どもの性格や人格形成に影響してきます。

幼児期の教育はその子供の一生を左右すると言っても過言ではないくらい大事なんですよ。

赤ちゃんの気持ちが分かる!ベビーサイン

まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションを取る手段を教えてくれます。
1990年にアメリカで始まり、2000年以降は日本でも広く聞かれるようになりました。

ベビーサインをスタートする時期は、個人差はあるものの、だいたい6ヶ月から1歳半くらいが適齢と言われています。

目安は、子供がおすわりや指さしができるようになったら始めると良いでしょう。
教え方は、日常生活においてパパ、ママが赤ちゃんに語りかける際に、手でその言葉を表すジェスチャーをすることで子供は言葉とジェスチャーをセットで覚えるようになります。
ちょっとやっただけでは忘れてしまうので、赤ちゃんが覚えるまで何度も根気よく繰り返すのがポイントです。


この記事をシェアする